トップページ | がん検診について

がん検診について

がんは早期発見による早期治療はもちろん、治療後のフォローも大変重要です。当院は地域住民の皆様の健康を末永く守る「生涯ドクター」として、がんの早期発見と治療後のフォローに特化した3つの検査を開始しました。

がんの早期発見と治療後のフォローに特化した3つの検査を開始しましたということを説明しているイメージ画像です。

腫瘍マーカー検査

検査料金 7,560円(税込)

がんに特化した血液検査です。がん細胞が発生することにより生じる特有の物質や、がん細胞を確認して正常細胞が作り出す物質を測定します。
当院では、日本人の「男女がんトップ7」をカバーした腫瘍マーカー検査をセットで受診いただけます。
日本人が主にかかるがんの85%以上に対応した検査メニューです。

がんの既往歴(治療歴)のある方は、まず腫瘍マーカー検査を
腫瘍マーカー検査は、がんの早期発見だけでなく、治療後の再発フォローにも役立つ検査です。
また、PET検査をはじめとする他の検査を行うかどうかを判断するための指針にもなります。
特に、がんの既往歴のある方は、定期的に腫瘍マーカー検査の受診をおすすめします。

CT・MR・マンモグラフィー検査

検査料金 保険診療報酬に準じます。(3割または10割負担)

形態画像診断と呼ばれ、臓器の形の異常から、がんの有無を調べる検査です。
肺がん、乳がん、前立腺がんといった特定のがんをしっかり調べたいという方には、CT、MR、マンモグラフィーといった機器を備えた医療機関と提携し、各種の画像診断を実施しています。

CT検査
腹部・胸部の検査に最適です。
肺がん、乳がん、肝がんなどが検診できます。
CT検査機とレントゲンの写真です。
MR検査
脳・骨盤部の検査に最適です。
子宮がん、卵巣がん、前立線がんなどが検診できます。
MR検査機とレントゲンの写真です。
マンモグラフィー検査
乳房の検査に最適です。(女性のみ)
早期の乳がんが発見できます。
マンモグラフィー検査機とレントゲンの写真です。

PET検査

検査料金 検診 : 85,000円〜、 臨床検査 : 約28,000円〜

PET検査の仕組み

  1. [ステップ1]がん細胞は正常細胞の3〜8倍ものブドウ糖を摂取するという事を説明している画像です。
    がん細胞は正常細胞の3〜8倍ものブドウ糖を摂取します。
  2. [ステップ2]ブドウ糖に発信機の役割を担う放射性同位元素を合成した薬を作ることを説明するための画像です。
    ブドウ糖に発信機の役割を担う放射性同位元素を合成した薬を作ります。
  3. [ステップ3]静脈から投与された薬剤が、がん細胞に集まり、微量の放射線を体外に発している様子の画像です。
    静脈から投与された薬剤はがん細胞に集まり、微量の放射線を体外に発します。
  4. [ステップ4]放射線をPETカメラが検知し画像化する事で、がんの有無や位置がわかるということを説明するための画像です。
    この放射線をPETカメラが検知し画像化することで、がんの有無や位置がわかります。
再発診断に最適
一般的にがん細胞は原発がん(最初に発生したがん)よりも再発がんの方が多くのブドウ糖を接種するといわれています。
再発がんにおけるPETの診断能力は非常に高く、再発の疑いがあるときは、
一部のがんでは健康保険が適用されます。
がんの既往暦(治療暦)があるがある方には、定期的なPET受診が大きな安心につながります。

苦痛を軽減した内視鏡検査を実現

経鼻内視鏡

スコープが舌の根元(舌根)に触れることで、咽頭反射(嘔吐感)が起こります。鼻からの挿入でこの問題が解決しました。スコープは従来の半分、5.9mmの細さです。

更に、鼻に適したしなやかさでむりなく、スムーズな挿入ができます。鼻への麻酔も微量で、身体への負担が軽減されます。

従来の内視鏡検査と経鼻内視鏡での検査を比較説明するための画像です。

患者さんは、モニターに映し出される自分の胃の映像を見ながら、医師にその場で質問できます。
患者さんは検査中にしゃべれるため、安全な検査につながります。

当医院の経鼻内視鏡検査では、フジノン東芝ESシステム株式会社の【極細経スコープ】を使用しております。

フジノン東芝ESシステム株式会社の極細径スコープページへのリンクバナーです。

※約2000人のアンケートでは、約95%の患者さんが、経鼻内視鏡を希望しています。(出雲中央クリニック調べ)

もし検査で異常が見つかったら
各種の検査で異常がみられた場合は、より精度の高い検査の受診をおすすめします。
また万一疾病が発見された場合には、当院が受診者様のご希望をお聞きした上で、最適な治療機関をご紹介致します。
もちろん治療後のフォローも当院が責任を持って行いますので安心して受診ください。

このページのトップへ