トップページ | AGA(男性型脱毛症)治療法

AGA(男性型脱毛症)治療法

男性に最も多いとされるAGA。そのAGAについて医療機関で相談できる時代になりました。
抜け毛や薄毛が気になってきている方は、あきらめる前に医師に相談してみませんか?

AGAに関するニュースサイトへのリンク画像です。

AGAってなに?

AGAとは男性に多く見られる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。その症状は、他の脱毛症と異なり、思春期以降 に額の生え際や頭頂部の髪のうち、どちらか一方、または双方から薄くなり進行していくのが特徴です。
また、AGAは進行性で何もしないでいると徐々に進んでいきます
進行を抑えるためには早めのケアが大切です。

AGA患者が5年間に変化する毛髪数をグラフ化したものです。

AGAの特徴

AGAの自己チェックしてみよう!!

溶連菌感染症の診断は、臨床症状や流行状況を総合的にみて行われます。わかりにくいときは、補助診断として、のどなどから検体を採って、抗原検査を実施する場合もあります。

  • 両親や兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。
  • 抜け毛が多くなり気になる。
  • 思春期以降から抜け出し、徐々に抜け毛が進行している。
  • 額の生え際が後退してきた。
  • 頭頂部の毛が薄くなってきた。
  • 産毛のような細くて短い髪の毛が多くなり、ハリやコシが無くなってきた。

AGAの治療をするには?

AGAの他に様々な脱毛症があり、それぞれ対処方法も異なります。
また、AGAの治療薬には一般に市販されていないものもありますので、自己診断せずに、医師の診断のもとに、適切な治療を受けることが大切です。

AGAの治療薬には、飲むタイプと頭皮につけるタイプがあります。

飲むタイプの治療薬 フィナステリド
頭皮につけるタイプの
代表的な治療薬(医療品)
塩化カルプロニウム、ミノキシジル

AGAの治療薬「プロペシア錠」

プロペシア錠(フィナステリド)は、抜け毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑え、髪の毛が薄くなるのを抑えます。

※頭皮につける(塗る)タイプの育毛剤や発毛剤と一緒に使っても問題ありません。

AGAの治療薬「プロペシア錠」の写真です。1箱(28日分)¥8,000(税込)

「プロペシア 錠」の服用方法
  • 一日一回服用。
    6ヶ月間服用しても抜け毛の進行が遅くならない場合は、医師に相談してください。 本剤を服用しての治療の効果は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判定には6ヶ月の服用が目安となります。
  • 成人男性のみ服用。
    女性には適応がなく、効果が認められません。妊娠中の婦人が本剤を服用することで、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。
  • 処方された本人のみ服用。
    家族や他の人にあげないでください。
  • 前立腺のがんの検診を受ける予定のある方は、検査を実施される医師に本剤を服用していることをお知らせください。
    プロペシア錠の成分は、前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させることが知られています。

このページのトップへ